ウエアラブルとメガネの組み合わせは、これまで必ずしも歓迎されてこなかった。くしゃみをすると飛んでいきそうなゴッツイ外観、近くにいる人たちをレンズ越しに勝手に撮影してしまうカメラのプライバシー問題などがその理由だ。ゲーム機器メーカーなどが「拡張現実(Augmented/Virtual Reality)」を用いた没入型ゲーム用にゴーグルタイプのウエアラブル機器を開発しているが、毎日の生活で使うメガネとウエアラブル機器の融合となると伝統的なメガネメーカーの出番になるようだ。

 今回はJINSブランドで知られる製販一体のメガネメーカー、ジェイアイエヌのメガネ型ウエアラブル製品「JINS MEME(ジンズミーム)」を紹介する。

JINS MEME ESの外観
フレームの端が少々大きいが、片方にバッテリー、もう片方に基板が入る
[画像のクリックで拡大表示]
フレームに記載された情報
無線を使うため総務省の技術基準適合証明マークが入っている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら