機器の価格下落やネットワークインフラの整備、データ分析技術の向上を背景にIoT(Internet of Things)による産業の発展への期待が高まっている。今後、IoTが広く社会に浸透していくためには、供給者視点ではなく、ネットワークに参加する企業やパートナー、ユーザー視点による価値の見直しが必要だ。

 IoTに注目が集まっている。インターネットがモノとモノとをつなぐ領域にまで拡大しており、既に世界の人口を超える機器がインターネットにつながっている。今後、チップの価格下落や技術の向上を背景に、ますます多くの機器がインターネットに接続される。調査会社の米ガートナーが2013年に発表したデジタル技術の展望に関する調査レポートでは、IoTに関連する経済効果は2020年にはグローバルで1.9兆ドルを超すと推計している。

ワインの育成にもIoTが貢献

 IoTが適用される領域は、家庭、自動車、農業、産業機器、健康、金融、小売り、交通、都市、エネルギーなど多岐にわたる。様々な産業においてIoTによるビジネスの可能性が議論されている。当社でもそうしたIoTビジネスを支援している。

 事例の一つとして、米国におけるワイン用のぶどう生産農家の取り組みを紹介する。ワイン用のぶどうは品質によって1トン当たり100倍もの価格差が付くことがある。そのため品質向上は最優先課題となる。そこで、ぶどう畑にセンサーを張り巡らせ、土壌の温・湿度、栄養状況、風向き、気温、などをリアルタイムで分析。水や肥料の供給に生かすことで、良質なぶどうの育成に貢献するとともに、オペレーションの効率化にも成功している。

 半導体製造装置メーカーにおいてもIoTは効果を発揮している。従来、製造装置メーカーの顧客である半導体メーカー自身が、装置に関する深い知識を有し、高い知見を持った技術者を社内に育成してきた。しかし需要が急拡大する新興国市場では、半導体メーカーは製造装置メーカーに対して、以前よりも多くのサポートを求めるようになった。そのため製造装置メーカーは、既存のサービス内容を維持するだけではアフターサービスが行き届かず、対応が後手に回ることも少なからずあったという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら