Googleのクラウドサービスは覚えきれないくらいありますが、そのクラウドサービスのプログラミング環境が「Google Apps Script」です。以前、「Excel当番表を元にして担当者にリマインドメールを送ろう」でも紹介しました。実はこのGoogle Apps ScriptとLINEを連携させると、とても便利です。定期的に任意のメッセージを送信したり、カレンダーに基づいてLINEにスケジュールを通知したり、スプレッドシートを参照して会議の参加者にリマインダーを送ったりと、アイデア次第でいろいろできます。

LINE Notify APIについて

 多くの人がLINE(ライン)を使ってコミュニケーションを取っています。LINEは世界中で広く使われている無料通話とメッセージ送信ができるアプリです。筆者の周りでも多くの人が利用しており、リアルタイムにメッセージが届き、既読確認もできることから、メールよりも便利だと感じる人も多いようです。

 そんなLINEですが、開発者向けのAPI機能が用意されていることをご存じでしょうか。これを使えば、外部のプログラムからLINEにメッセージを送信したり、ユーザーと会話するボットと呼ばれるAI(人工知能)のプログラムを作ることもできます。

 とは言え、会話するボットを作るのは、それなりに大変です。そこで、本稿では、非常に手軽に特定のトークルームにメッセージを送信することのできる、LINE Notify APIを利用してみようと思います。

LINE Notify APIに登録しよう

 LINE Notify APIを使うために必要なのは、LINEのアカウントです。以下のLINE NotifyのWebページにアクセスしたら、画面右上にある「ログイン」のリンクをクリックして、LINE Notifyにログインしましょう。

LINE NotifyのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

LINE Notify
[URL] https://notify-bot.line.me/ja/

 ログインしたら、画面右上のメニューから「マイページ」をクリックしましょう。

マイページを表示する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら