前回は、中小規模の無線LANネットワークを取り巻く環境を整理し、その企業の使い方に合った無線LANアクセスポイント(AP)の選び方を解説した。

 本連載では、「まずAPをつないでみて、実際に使ってみながら自社に適したAPの設定を考えていく」というアプローチで、無線LAN構築についての説明を進めていく。一般的な中小企業で、段取りよくネットワークを構築できるところは少ないだろう。ならば実機を操作しながら無線LANの設計と構築、さらには運用の基礎をマスターしていくのが早道だ。今回は、企業向けAPをLANに接続し、使えるようにするまでのポイントを説明する。前回同様、ヤマハのAPであるWLX302を例に説明を進めていく。

設置場所を考える

 最初に、APの設置場所を検討し、APが搭載するポートなどの仕様を確認する。

 APは、電波が飛びやすく、かつパソコンやスマートフォンといった端末からの電波を拾いやすい場所に設置する。高くて全体を見渡せる、天井や壁に設置するのが望ましい(図1)。こうした場所に設置したAPは目に付きやすいので、目立たない外観の製品を選ぶとよい。ちなみにWLX302は、オフィスの天井や壁に設置した際の存在感を控えるため「白い本体色、小さな筐体、内蔵アンテナ」のデザインにしてある。

図1●APの設置場所を考える
高くて全体を見渡せる場所に設置するとよい。なおAPによって、内蔵するアンテナの種類や、AP内でのアンテナの配置は異なる。
[画像のクリックで拡大表示]

 電波状態などを確認するために、仮設置したい場合もあるだろう。このときは、無線APの設置台として譜面台やPA(Public Address)システム用のスピーカースタンドなどを用意すると、高さや向きを調整しやすくて便利だ。

 設置する際は、アンテナの種類と配置も考慮に入れると、より効果的に電波を出せる。WLX302の場合は、4本の無指向性アンテナが本体に内蔵されている。このアンテナは無指向性で、電波は正面方向に放射状に飛ぶようになっている。天井に設置すれば下の方向、壁に設置すれば手前の方向に電波が飛ぶ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら