2011年ころからネットワーク業界のホットトピックスとなっているSDN(Software Defined Networking)。現在では、ネットワークをプログラマブルにコントロールするための実現手法の総称といった位置づけになりつつある。大規模データセンターへの導入で先行したSDNだが、データセンター向け、企業ユーザー向けなど対象分野ごとに細分化したソリューションが体系化され始めている。


 SDNは2011年ころからネットワーク業界のホットトピックスとなっている。

 当初はOpenFlowのような特定のプロトコルと同一視されていたが、ベンダー固有の機能も含めてSDNが意味する対象は拡大した。現在では、ネットワークをプログラマブルにコントロールするための実現手法の総称といった位置づけになりつつある。

市場拡大のポイントは企業ユーザーへの浸透

 そんなSDNの導入が実際の現場で進んでいるのは、これまでのところ大規模データセンターが中心。VLAN ID数の限界やプロビジョニングの課題に真っ先に直面しており、SDNによる課題解決のメリットが明確だからだ。

 様々な調査においてもその傾向は現れている。米SDN CentralなどがまとめたSDNの市場規模予測では2013年時点の市場規模は約1540億円。その大部分が、大規模データセンターを保有するクラウド事業者だ(図1)。

図1●SDN 市場の発展予測
SDN Central などによる予測を示した。現状はクラウド事業者中心であり、企業ユーザーなどはこれから市場が立ち上がる予測になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 NECも独自にSDNの市場規模を推計している。同社の調べでは2013年度のSDNの世界市場規模は約1300億円。NECはそのうち、200億円を売り上げているという。

 これらを見る限り、SDN市場はネットワーク市場全体と比べるとまだまだ小さく、立ち上げ期を脱していないことが分かる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら