ユーザー数が限定され、リソースが大きく変動しないのが基幹系だ。一見、柔軟性や従量課金などのクラウドのメリットと縁遠く感じる。基幹系システムをクラウド化するメリットはあるのか。本当に移行しても大丈夫なのか。クラウド化の素朴な疑問を検証する。本記事ではIaaSを中心に解説する。

基幹系をクラウド化するメリットは?

 ケンコーコムのように基幹系システムをパブリッククラウドに移行する事例が増えている。ミサワホームや東急ハンズなどがそうだ。ここでいう基幹系システムとは、会計や人事給与など、企業のバックエンド業務を支えるシステムのことである。

 一般にクラウドのメリットといわれるのは、「従量課金でコストが下がる」「基盤の構築・変更が短期間で可能」といったことである。その点、基幹系システムはユーザー数の上限がほぼ決まっており、ECサイトのように一時的にアクセス数が急増することはまずない。また、システムはずっと使い続けることが前提である。

 ここで疑問に思う読者がいるだろう。基幹系システムをクラウド化するメリットは本当にあるのだろうか?

 実際に基幹系システムのクラウド化プロジェクトを手掛けた現場への取材を進めると、多くのクラウドのメリットが基幹系システムでも享受できることが分かった(図1)。

図1●基幹系にクラウド(IaaS)を適用した場合のメリット
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら