2015年もそろそろ残すところ10日間を切った。本連載をお読みいただいた皆様、どうもありがとうございます。

 今年の最後に、米Appleのソフトウエアに関して、2015年に印象的だった話題を3つピックアップする。

 Appleのソフトウエアは、「OS X」と「iOS」に大別される。加えて、それぞれの環境で動作する自社製アプリ群が存在。サードパーティーの開発者がインタフェースデザインやOSの機能について参照するためのショーケースのような位置付けとされている。

 さらに、Appleがインターネット上で展開するサービスが存在する。その多くが「Apple ID」によって利用できる仕組みだ。加えて、Siriのような「サービス化」されたアプリがいくつか存在する。

 全体的な流れを見ると、2015年は、これらのソフトウエア環境全体で、表立った変化は小さかったと考えている。これらの分野のフロントに立っている人物も変わらず、担当する上級副社長は、インターネットソフトウエア・サービス担当のエディー・キュー氏と、ソフトウエア・エンジニアリング担当のクレイグ・フェデリギ氏の2人だ。

1. Swiftのオープンソース化

写真1●WWDC15でSwiftのオープンソース化を発表するクレイグ・フェデリギ上級副社長
(撮影:松村 太郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした流れの中で、Appleにとって2015年のソフトウエア分野での最大のトピックは、毎年刷新されるOSの新機能でもなければ、のちに触れる「Apple Music」でもない。プログラミング言語「Swift」のオープンソースソフトウエア(OS)化だ(写真2)。

 Swiftは2014年6月の世界開発者会議(WWDC14)で発表された新しい言語である。MacやiPhone、iPadのアプリをこれまで以上に分かりやすく、また、より高速な動作を実現できる言語として紹介された。翌年のWWDC15では、「Swift 2」が発表されると同時に、オープンソースへの移行がアナウンスされ、開発者たちを沸かせた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら