米アップルは2016年6月に開催した世界開発者会議「WWDC 2016」(関連記事)で、テレビに接続するセットトップボックス「Apple TV」向けの最新OS「tvOS」を披露した(写真1)。

写真1●「WWDC 2016」における「tvOS」の紹介
(撮影:松村 太郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルは、2015年9月に「A8プロセッサ」を搭載し、フルHD出力とアプリに対応したApple TVを発売してから、「テレビの未来はアプリが創る」というキャッチコピーを添えてきた。Apple TVはテレビに接続してアプリを楽しむデバイスであるため、必然的に、映像やゲームを楽しむアプリが主流になる。「テレビの未来」を掲げるには、そこからいかに脱却するかが課題となる。この点は、tvOSの新版が登場しても変わらない。

 映像を楽しむデバイスとしては、米国ではかなりいい線まで行っている。「Amazon Primeビデオ」以外の米国内の主要ビデオストリーミングサービスがApple TV向けにアプリを用意。Netflix、Hulu、Crunchyrollといったスマートフォンやタブレットでおなじみのサービスのほか、ABC、CNBC、HBO、ESPN、MLB.comといった地上波・ケーブル放送局のアプリもそろっている(写真2)。

写真2●米国では豊富にそろう番組チャンネルをアピール
(撮影:松村 太郎)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら