米Appleは、「革新的な企業」というタグライン(キャッチフレーズ)で語られることが多い企業だ。そうした製品やブランドをうまく構築し、戦略的に生かしている企業でもある。

 そのイメージの多くは、共同創業者であるスティーブ・ジョブズ氏の強い信念から、脈々と作り出されてきた側面が大きい。「ジョブズ氏以降」も、アイデア・技術・デザインの高いレベルでの融合を是とし、我々の生活を刷新することに注力してきた。

 さらに経営トップがティム・クックCEO(最高経営責任者)になってからは、マーケティングや戦略面で「至極正しいこと」を貫く強さが目に付くようになった。iPhoneを核とした製品・サービスへの経営資源の集中による収益の最大化、ブランドの入り口としてのiPhoneと他の製品との連係、という仕組みを作り上げている。

 ジョブズ氏時代には、「Macを核としたデジタルハブ戦略」と「iPodのハロー効果(好ましいイメージが音楽配信など他の製品・サービスにも及ぶ効果)」という勝利の方程式で、会社を立て直した。クック氏はこの方程式の、Mac・iPodの項を「iPhone」に置き換えているようにも見える。

 直近の決算にも表れているように、iPhoneの成長は限界が近い(関連記事:Apple、10~12月期売上高は市場予測を下回る、iPhone伸びず減速が鮮明)。そろそろ方程式の「iPhone」の項に入るべき新たな製品が必要になってくる。それが「iPad」なのか、「Apple Watch」なのか、それともまだ見ぬ他の製品なのか。

 Appleの強みはそれを「待つ」ことができる点だ。不況を含む世界経済の変化、人々のライフスタイルの変化、技術の進歩をじっくり「待つ」ことができるだけの膨大なユーザー数と、投資を継続できる豊富なキャッシュを持っている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら