開発支援ツールベンダーのグレープシティ(仙台市)は、ITpro EXPO 2014において業務アプリケーション開発ツール「Forguncy(フォーガンシー)」を出展した(写真1、関連記事:グレープシティ、方眼紙のデザインを備えExcelと同様の操作でWebアプリを作れる新製品)。この展示は、ITpro EXPO AWARD 2014の「ITmediaエンタープライズ賞」を受賞した。

写真1●グレープシティの業務アプリケーション開発ツール「Forguncy(フォーガンシー)」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 Forguncyは、“事情通”には大胆なネーミングだと思われることだろう。表計算ソフトの「Excel」のセルを方眼紙状にしてきめ細かい帳票を作成・編集する手法(いわゆる「Excel方眼紙」)をもじった名称である。Excel方眼紙はExcelの解説書などでしばしば紹介される定番ノウハウだ(関連記事:Excel方眼紙を究める)。

 しかしながら、このノウハウは表計算ソフトの本来の使い方からやや外れている。作成されたファイルの再利用性にも難がある。ITproが2014年3月に掲載した「『Excel方眼紙』の何が悪い?」という記事は、Twitterなどのソーシャルメディアなどで賛否両論を巻き起こし、年間アクセスランキングでもベスト3に入りそうだ。良くも悪くもIT関係者の間で論議を呼んでいるのが「Excel方眼紙」である。

拒否反応強い「Excel方眼紙」をあえて前面に

写真2●グレープシティ第1ツール開発事業部製品戦略室の八巻雄哉プリンシパルエンジニア
[画像のクリックで拡大表示]

 グレープシティはあえてこれを製品名とし、前面に出している。方眼紙帳を模した販促グッズも作った。

 製品企画を担当する第1ツール開発事業部製品戦略室の八巻雄哉プリンシパルエンジニア(写真2)は「『Excel方眼紙』という手法があまり良く思われていないことを承知のうえで、反響を狙ってForguncyと名づけた。その結果は想像以上だった」と話す。

 実際に、ITpro EXPO 2014のグレープシティの小ぶりのブースに3日間で700人以上が押し寄せた(写真3)。

写真3●ITpro EXPO 2014会場内のグレープシティブース。並べたノートパソコンでひたすらデモを見せた
(撮影:後藤究)
[画像のクリックで拡大表示]

 カタログを受け取った人の9割方がデモも見たという。デモ用に3台用意したパソコンでは足りず、2日目から1台増設したが、それでもデモを待つ行列は絶えなかった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら