ベテランのインフラ技術者に、どうやって技術を学んできたかを尋ねるシリーズ。今回は、ネットワークインテグレーターのネットワンシステムズが運営する技術者養成スクールの講師を務める坂田 玲子氏だ。スクールの名はネットワークアカデミー。坂田は、米シスコシステムズの最高ランクの技術者認定資格であるCCIEを有する技術者である。坂田氏に、ネットワーク技術者の勉強法を伺った。

(聞き手は久保田 浩=日経NETWORK


ネットワーク技術者には、実際どのような勉強が必要なんでしょうか。

 技術を学ぶ際には、まず基礎を押さえることが重要です。ネットワークであれば、TCP/IPというプロトコルの細かい動きを学ぶことからはじめるべきです。これを知っておけば、トラブルシューティングで役立ちますよね。こうした知識が後々重要になります。

写真●ネットワークアカデミーの坂田 玲子氏
[画像のクリックで拡大表示]

 よく、業務は完璧だけれども基礎知識がない技術者の方がいます。ルーティングプロトコルのBGP(Border Gateway Protocol)はよく知っているけれど、イーサネットについてはよくわかっていない人などです。「今まで業務ではネットワークをやってきましたが、体系付けて勉強したことがなかった」という技術者は意外に多いのです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら