インターネットのインフラや広告・メディアなど、グループ全体で様々なインターネット関連事業を行うGMOインターネット。そのインフラ業務を担当しているのが佐藤氏だ。シンプルなネットワークを構築・運用すればよかった自身の入社当時に比べ、後輩たちは最初から高度なネットワーク知識が必要になっているという。GMOのインフラ技術者が、何をどのように学んでいるのかを聞いた。

(聞き手は久保田 浩=日経NETWORK


担当している業務内容を教えてください。

 顧客向けにサービスを行っている、インフラの構築・運用を担当しています。また自社のインフラやグループ会社のインフラの一部も見ています。グループ全体のインフラを見ることによるシナジー効果もあります。

写真●GMOインターネットの佐藤 嘉昌氏
[画像のクリックで拡大表示]

ご自身がこれまでに行ってきた、ネットワーク技術をおぼえるための勉強法について教えてください。

 学生時代は情報工学を学んでいました。C言語とかプログラミングを中心とした勉強です。学校では米サン・マイクロシステムズやNECのワークステーションなどがあったので、それらをいじったりしていました。ただ、インフラの勉強は特にはしていませんでした。

 2001年にGMOに入社しました。今ならば技術採用枠があるのですが、当時は一般採用しかなかったので、一般採用で入社しました。当初はコールセンターのスーパーバイザーとしての業務をしていました。そこでも機器や情報管理などを担当していましたが、4年後に現在所属しているシステム本部のネットワークエンジニアリングチームに異動しました。その後はずっと同じ部署です。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら