日経情報ストラテジーは第2回データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤーに、日本航空の渋谷直正氏を選出した。月間2億ページビュー(PV)に達するウェブページを分析し、数々の成果を生み出した実績が評価された。CIO部門では、研究者の顔も持つがんこフードサービス(大阪市)の新村猛氏が選ばれた。

 月間2億PVを誇る、日本航空(JAL)のサイト。膨大なアクセスログなどのデータを分析し、効果的な販促を企画するのがWeb販売部1to1マーケティンググループ。その中核を担うのが渋谷直正アシスタントマネジャーだ。

分析実務とチームマネジメントのキーパーソン

日本航空 Web販売部 1to1 マーケティンググループ アシスタントマネジャー 渋谷 直正氏
しぶや なおまさ氏。2002年に日本航空に入社し、09年からWeb販売部に。月間2億ページビューに上るJALホームページのログ解析や顧客情報分析を担当。航空券などのレコメンド施策の立案・企画・実施に当たる。顧客の閲覧傾向に応じてお薦めするコンテンツを使い分け、購入率をアップするなどの成果を上げている。(写真撮影:村田 和聡)

 データサイエンティストとして分析を手掛けると同時に、チームメンバーの分析力を向上させるための教育体制も整備する。「ネット企業などではない“普通の会社”が、データを使いこなして成果を上げるために何をすべきか」を意識し、営業部門など現場と密接に連携する。第1回受賞者の大阪ガスの河本薫氏と同様、変革者でありながら、組織風土とのバランス感覚を持つデータサイエンティストだ。本稿ではその人となりを紹介していく。

 大学時代は文学部で計量地理学を専攻した。文学部とはいえ、カリキュラムは実験や調査が目白押し。そのなかで統計学も身に付けた。大学院では航空路線のネットワーク分析を研究テーマに設定。それを仕事にも生かしたいと、2002年にJALに入社した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら