「Galaxy Book」は、サムスン電子ジャパンによる2-in-1型のWindows PCだ。国内向けのGalaxyシリーズとしては、初めてのWindows OS搭載機になる(写真1)。

写真1●サムスン電子の「Galaxy Book(12.0インチモデル)」
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 法人向けの「10.6インチモデル」と個人向けの「12.0インチモデル」の2種類をラインアップする。後者は12月中旬より会員制量販店「コストコ」での販売が始まったという。

 国内でGalaxyシリーズといえばスマートフォンや周辺アクセサリーで知られているが、Windows PCはどのような仕上がりなのか、実機のファーストインプレッションをお届けする。

Windows PCにも広がる「Galaxy」シリーズ

 国内ではあまり知られていないものの、海外でサムスンはWindowsを搭載したPC製品を展開している。Windowsタブレットとしては「ATIV Tab」シリーズなどを経て、2016年1月にはGalaxyブランドのWindows 10タブレット「Galaxy Tab Pro S」を、2017年2月にはその後継モデル「Galaxy Book」を発表した。そして今回、日本上陸を果たす形になった。

 Galaxy Bookには画面サイズの異なる2つのモデルがあり、両モデルを日本で発売した。

 法人向けと位置付ける10.6インチモデルには「Windows 10 Pro」、個人向けの12.0インチモデルには「Windows 10 Home」をOSとして搭載しており、位置付けは分かれている(写真2)。通信機能としては国内ではWi-Fiモデルのみを展開。海外にあるLTE搭載モデルは提供しない。

写真2●Galaxy Book(10.6インチモデル)
[画像のクリックで拡大表示]

 販売チャネルもモデルによって異なる。10.6インチはシネックスインフォテック、ダイワボウ情報システムによって法人向けに販売。12.0インチはコストコホールセールジャパンによって個人向けに販売されることになっている。

 このため両モデルを購入前に、直接比べて検討することはあまりなさそうだ。ただ、10.6インチについてはECサイトなど、個人でも購入できる。

 本体の外観はよく似ていて、本体や画面、キーボードのサイズが異なる。12.0インチモデルは外形寸法が291.3×199.8×7.4mm、重量は約754gで、キーボードを含めても実測で1168gとなった。重量はSurface Proに近いが、スタンドがないためか、薄い。

 10.6インチモデルは261.2×179.1×8.9mm、約648gで、キーボード込みの重量は実測で1012gとなった。iPad Proに比べて厚く重いものの、CPUに「Core m3」を搭載しており、Atomタブレットより性能を重視したモデルといえる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら