KDDIは2016年12月1日、英・ロンドンに新設したデータセンター「TELEHOUSE LONDON Docklands North Two」の全面開業を発表した(写真1)。

写真1●KDDIが新設したデータセンター「TELEHOUSE LONDON Docklands North Two」
[画像のクリックで拡大表示]

 TELEHOUSEブランドのデータセンター以外にも、KDDIはミャンマーやモンゴルにも通信キャリアとして進出している。売上の7割を日本国内の個人向け通信事業が占めるKDDIが、グローバル事業を進める狙いはどこにあるのだろうか。同社が主催した報道関係者向けイベントの内容をレポートする。

TELEHOUSEが英国インターネットの中心的な拠点に

 KDDIが世界に展開する「TELEHOUSE」ブランドのデータセンターの中でも、特に規模が大きいのがロンドンだ。これまで再開発が進む東部のドックランズ地域に3棟(North、East、West)のデータセンターを展開。それに続く4棟目の施設として「North Two」を全面開業するというのが今回の発表だ(写真2)。

写真2●世界各国に展開するTELEHOUSEのデータセンター
[画像のクリックで拡大表示]

 データセンターは当初、大手の通信事業者が自社回線のユーザー向けに余剰設備を貸すという形態で提供されてきたという。これに対してKDDI Europe社長兼TELEHOUSE EUROPE社長の曽雌博之氏は、TELEHOUSEの特徴を「データセンター専用の施設を建設し、どのキャリアにも接続するキャリアニュートラルの方針を掲げたという点で、世界初だ」と語った(写真3)。

写真3●KDDI Europe社長兼TELEHOUSE EUROPE社長の曽雌博之氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら