コンピュータを活用した教育に関する研究・交流のイベント「2016 九州PCカンファレンス」が2016年11月5日、6日の両日、大分大学旦野原キャンパスで開催された。テーマは「IOT時代に生きる若者たち」で、全国大学生活協同組合連合会九州ブロックなどが主催した。会場には、2日間で教育機関の教員や関係者など約100人が集まった。

会場は大分大学旦野原キャンパス。2日間で教育機関の教員や関係者など約100人が集まった
[画像のクリックで拡大表示]

 初日は二つの基調講演を開催した。最初に登壇したのは、科学技術振興機構さきがけ 専任研究者/東京藝術大学 JST研究員の藤木淳氏。藤木氏は、「物理の人間化」をテーマに、自身が今までに手掛けたソフトや映像作品、ゲームなどを紹介した。基調講演で取り上げた作品は、藤木氏のWebサイトでも紹介している。

基調講演に登壇した科学技術振興機構さきがけ 専任研究者/東京藝術大学 JST研究員の藤木淳氏。スクリーンの画像は手書き風の3次元画像を生成できるレンダリングエンジン「shell」。藤木氏が独自に開発した
[画像のクリックで拡大表示]
画面上に配置したブロックを基に、「見た目通りの」3次元データを作成できるモデリングソフト「Incompatible BLOCK」。例えば、床の上に置いてあるように見えるブロックの下に影を追加すると、そのブロックは空中に浮いていると判断して3次元データを瞬時に変更する。ブロックを見る方向は自由に変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

 二つめの基調講演に登壇したのは、モンブランピクチャーズ プロデューサーの平田武志氏。平田氏は、聞き手のテレビ西日本 事業局長の木下茂憲氏とともに、「地方から世界へ ~コンテンツビジネスを通して見る世界~」をテーマに、映像作品の海外展開の可能性や難しさなどについて語った。

モンブランピクチャーズ プロデューサーの平田武志氏(左)は、聞き手のテレビ西日本 事業局長の木下茂憲氏(右)とともに映像作品の海外展開の可能性や難しさなどについて語った
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら