国産ベンダーによるSDNに関する発表が、2014年5月に相次いだ。OpenFlow規格の製品をいち早く投入したNECはソリューションを強化。富士通と日立製作所は他社との協業戦略を打ち出した。

 グローバルに目を転じれば、標準化の動きが活発化し、国産ベンダーへの影響は必至。国産ベンダーのSDNに関わる動きを整理した。前編は各社の発表内容と、富士通の動きを整理する。


 国産ベンダーが、ソフトウエアでネットワークを制御するSDN(ソフトウエア・デファインド・ネットワーキング)の新製品を相次ぎ発表した()。富士通は広域ネットワーク向けのSDN製品「Virtuora」の販売や、クラウドOS「OpenStack」に関するSDNベンチャー企業ミドクラとの提携を発表。日立グループは、ネットワーク機器を開発する日立金属が、NTTデータとのSDN事業での協業を発表した。NECはSDNを活用したDR(ディザスタリカバリー)ソリューションを発表するなど、国産ベンダーの動きが活発になってきた。

表●商用SDN製品を提供する国産ベンダー、海外ベンダーの例
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら