「日本向けに1万人のブリッジSEを育成する」――。

 FPTソフトウェアの日本拠点であるFPTジャパンが11月のとある週末に開催したイベントで、FPTコーポレーションのチュオン・ザー・ビン会長は高らかに宣言した(写真1)。

写真1●FPTコーポレーションのチュオン・ザー・ビン会長
[画像のクリックで拡大表示]

 同イベントには、駐日ベトナム特命全権大使をはじめ、日立グループ、NTTデータ、ITホールディングス、東芝、リクルートテクノロジーズなどのIT関係者が勢ぞろい。1万人のブリッジSEのうち、半分の5000人はグループ傘下のFPT大学で教育し、残りの5000人は日本に直接留学させ、ブリッジSEとしての能力を身に付けさせる。2015年4月には留学組の第1陣として50人を日本に送り込む。同7月には200人、同11月には250人と、その人数を徐々に増やす計画だ(写真2)。

写真2●FPTグループのブリッジSEたち
[画像のクリックで拡大表示]

 FPTグループの目論見どおりに進めば、2018年にも日本語を扱えるIT人材が1万人に達する。これだけで、日本の大手ITベンダーと肩を並べる規模だ。情報処理推進機構(IPA)の「IT人材白書2014」によると、日本の受託開発ソフトウエア業に携わるIT人材は約56万5000人。ブリッジSEだけで、FPTグループはその2%に当たる人員を抱えることになる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら