米アップルが2016年10月27日(米国時間)に発表したMacBook Proの新モデルは、実に4年ぶりとなる大型リニューアルが注目を浴びている(関連記事:「Air」よりもコンパクトに、新MacBook Proの見どころを解説)。

 新モデルの目玉はファンクションキーを横長のタッチスクリーンで置き換えた「Touch Bar」だが、このTouch Barを搭載しないモデルが一足先に発売され、既に店頭にも並んでいる(写真1)。

写真1●筆者は、一足先に出たファンクションキーモデルを購入した
(撮影:山口健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルの発表会では、このTouch Bar非搭載モデルがMacBook Airからの移行に向いているとして紹介された。これまで11型のMacBook Airを仕事に使ってきた筆者にはちょうどよいと思い、さっそく自腹で購入してみたのでファーストインプレッションをお届けする。

Touch Bar非搭載モデルは事実上の「新MacBook Air」か

 まずは新MacBook Proの製品構成をおさらいしておこう。画面サイズは13型と15型の2種類で、13型モデルには注目のTouch Bar搭載モデルと非搭載モデルがある。Touch Bar非搭載のモデルはこれまで通りファンクションキーを備えている(写真2)。

写真2●Touch Bar非搭載モデルはファンクションキーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 ファンクションキーに加えて「ESCキー」もこれまで通りの位置にある。一方、指紋認証の「TouchID」は搭載しない。ログインについては、Apple WatchのユーザーならmacOS SierraとwatchOS 3の新機能として、自動ロック解除を利用できる。

 Touch Barの有無だけでなく、スペックも異なる。名前こそ同じMacBook Proだが、Touch Bar非搭載モデルはMacBook Airで使われてきたTDP(サーマル・デザイン・パワー、熱設計電力)15W版のCPUを搭載しており、その中身は新型のMacBook Airという印象を受けるほどだ。

 価格はTouch Bar非搭載モデルの最小構成で14万8800円(税別)と、新MacBook Proの中で最も安いとはいえ、10万円前後から購入できるMacBook Airよりは確実に高い。だが、Airにはなかった特徴として、新MacBook ProではRetinaディスプレイや16GBまで搭載できるメモリーが注目すべきポイントだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら