2016年10月25日、米アップルのモバイル決済「Apple Pay」が日本国内で始まった。目玉になる「Suica」対応では、サービス開始初日に多数のユーザーが殺到し、モバイルSuicaで障害が発生したことからも注目の高さがうかがえる(関連記事:iPhone 7のSuicaサービス開始の影響で、モバイルSuicaなどに障害が発生)(写真1)。

写真1●Apple Payがいよいよ日本でも始まった
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 このApple Payについて、筆者も一通りの機能を試すことができたので、その体験をレポートしたい。

日本版Apple Payが始まるまで

 まずは日本でApple Payが始まるまでの経緯を簡単に振り返ってみよう。筆者が初めてApple Payを利用したのは、米国や英国に展開されていた2015年のこと。ハワイの銀行で預金口座とデビットカードを作り、iPhone 6に登録して海外出張などに活用している。

 Apple Payという名前からはアップル独自の決済サービスを連想させるが、実際には既存のクレジットカードやデビットカードをiPhoneに登録することで、便利でセキュアなものにするサービス、というイメージだ。

 具体的には、カード番号をスキミングなどで盗まれる心配がなく、サインやPINコードの代わりにiPhoneの「Touch ID」による指紋認証を本人確認として利用できる。クレジットカードを何枚も持ち歩く必要がなくなり、財布がスリムになるのもメリットだ。

 こうした決済システムに地域ごとの差が大きい。このため、中国や日本での導入時にはしっかりローカライズされている。日本におけるApple Payは、iPhone 7とApple Watch Series 2に搭載された「FeliCa」を利用できるのが最大の特徴だ。

 ただし、iPhone 7以外のデバイスでもApple Payの一部機能は利用できる。詳細な対応デバイスはアップルがWebサイト(https://support.apple.com/ja-jp/KM207105)で公開しているが、FeliCaを搭載しないiPhone SEや6、6sは店頭決済には利用できない。iOSのアプリ内決済やSafariによるWebサイトでの決済など、オンライン決済に限ってApple Payを利用できる(写真2)。

写真2●iPhone 6sでもApple Payの一部機能は利用可能
[画像のクリックで拡大表示]

 FeliCaはApple Watch Series 2にも搭載されており、iPhone 6sと組み合わせて使うことができる。必ずしもiPhone 7を持っていなくともApple Payは利用できる、という点は覚えておきたい。

 キャリアやSIMカードにも依存しないようだ。筆者はSIMロックフリーのiPhone 7に、FREETELのSIMカードを入れているが、問題なく利用できている。

手持ちのクレジットカードを登録してみよう

 前置きが長くなったが、米国時間で10月24日から提供開始された「iOS 10.1」にアップデートすることで、日本版Apple Payを利用できる。まずは「ウォレット」アプリにクレジットカードを登録してみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら