中国ファーウェイが2017年10月16日に発表した「HUAWEI Mate 10」シリーズは、最新SoC「Kirin 970」を搭載した最新フラグシップモデルだ(写真1)。今回発表された新製品のうち、上位モデルの「Mate 10 Pro」は日本での発売も予定されている。

写真1●「HUAWEI Mate 10」の発表会場(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 本記事では、ドイツ・ミュンヘンの発表会場に展示された実機を基にMate 10シリーズの特徴をレポートする。

「FullView」ディスプレイを搭載した「Mate 10 Pro」

 日本でも発売予定の「Mate 10 Pro」は、画面に6インチ、2160×1080ドットの有機ELディスプレイを採用(写真2)。アスペクト比は「18:9」で一般的な16:9より長辺方向に長い。同社が「FullView」ディスプレイと呼ぶように、本体前面の大部分を画面の表示領域が占めるデザインだ。

写真2●18:9と縦長の画面を搭載した「Mate 10 Pro」
[画像のクリックで拡大表示]

 大画面を採用した一方、最近のHUAWEI P10やhonor 9で前面に搭載したホームボタンは省かれている(写真3)。ナビゲーションバーは画面内のソフトウエア表示になり、指紋センサーは本体背面のデュアルカメラの下に搭載した(写真4)。

写真3●ホームボタンを搭載せず
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●指紋センサーは背面に配置
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら