2016年9月29日、インターネット経由のストリーミング音楽配信で世界最大級とも言われる「Spotify(スポティファイ)」が日本でのサービスを始めた。スウェーデンで生まれたSpotifyの会員数は全世界で1億人以上にのぼり、有料会員数も4000万人に達するという。さっそく「世界最強の音楽サービス」(図1)と称する実力のほどを試してみた。

図1●「世界最強の音楽サービス」を標榜するSpotify
Spotify のウェブページにアクセスしたところ。現在のところサービスを利用するには招待コードが必要になる。
[画像のクリックで拡大表示]

iTunes とは対照的なブラックベースの渋い作り

 現在のところSpotifyのサービスを受けるには、同社が発行する招待コードが必要となる。SpotifyのWebページ(https://www.spotify.com)で、自分のメルアドを入力して「招待コードをリクエスト」ボタンを押す。入手したコードを用いて同じページからメンバー登録をする。

 筆者の場合、サービス開始当日にSpotifyから招待コードが送られてきた。一部報道では、プレ運用として音楽業界関係者を中心に対象を絞っているとのことだが、なぜ筆者に招待コードが届いたのかはよく分からない。

 Spotify専用アプリはMacやPC、iOS、Androidの各デバイスに対応している。初めて利用して気付くのは、同じストリーミング音楽配信サービスであるApple Musicと対照的なインタフェースだ(図2)。Apple Musicがホワイトをベースにしているのに対して、Spotifyはブラックを基調にしたなかなか渋い作りになっている。

図2●Spotifyのトップページ
インタフェースはブラックベースの渋い作りになっている。ホワイトベースの「Apple Music」とは対照的だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 鳴り物入りで始まったSpotifyは、無料でストリーミング音楽配信サービスを受けられる点が、Apple Musicを始めとした他のサービスとの最大の違いになっている。ただし無料サービスには広告が付くほか、利用時間は毎月15時間以内、楽曲のダウンロードができないなどの制限がある。制限をなくすには月額980円(税込み)でPremiumユーザーになる必要がある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら