韓国サムスン電子が2016年9月21日にソウル市で開催した自社イベント「SSD Global Summit 2016」では、「960 PRO」と「960 EVO」の発表の前に、SSDの市場動向や技術トレンドなどを紹介する二つの講演が行われた。今回はその内容をレポートする。

急速な成長を遂げたSSD市場

 最初に登壇したWillow You氏(Branded Memory Product Marketing Group Leader)は、「The SSD Market Growth and Evolution」というタイトルで、世界のSSD市場の動向について講演した。同氏によれば、SSD市場は2012年から見ても約6倍という大きな成長を続けており、NANDフラッシュの用途の中でも最も成長。その成長の大きな鍵として容量単価の低下を挙げ、サムスンはTLC(トライ・レベル・セル)、3次元NANDフラッシュメモリー(V-NAND)といった技術革新でその容量単価をリードしてきたことを主張した。

 エンタープライズストレージとしてもHDDからの置き換えが進んでおり、今後さらに大きな成長が期待されていると紹介。SSDは故障率、消費電力、フットプリント(HDDより小さなサイズで大容量を提供できる)の面でアドバンテージがあり、それらを加味した運用レベルのTCO(Total Cost of Ownership)では既にHDDより優れているとアピールした。同氏はさらに、インタフェースの高速化、記録密度の向上など、同社が技術面で業界をリードしてきたことを挙げ、これからも同様にリードしていきたいと述べた。

最初に登壇し、「The SSD Market Growth and Evolution」というタイトルで講演したWillow You氏(Branded Memory Product Marketing Group Leader)
(撮影:鈴木 雅暢、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
SSD市場は急成長し、2012年から6倍に拡大に拡大した
[画像のクリックで拡大表示]
過去5年間の年平均成長率は54%に上り、スマートフォンの19.1%を大きく上回る。
[画像のクリックで拡大表示]
成長の大きな鍵として、技術革新による容量単価の低下を挙げた。2012年に1.17米ドルだった容量単価(1Gバイト当たり)は、2016年には0.36米ドルになった。
[画像のクリックで拡大表示]
NANDフラッシュメモリーの用途シェア。SSDは年々シェアを伸ばしている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら