人工知能(AI:Artificial Intelligence)は現在、大きな注目を集めている。機会学習の手法の一種である「ディープラーニング(深層学習)」や、人間の脳の神経回路の仕組みを模したモデル「ニューラルネットワーク(神経回路網)」の進歩により、視覚、言語、移動などの、機械知能が本来不得意としてきた機能が改善されつつある。

なぜこれほど話題になっているのか?

 Webベースのソフトウエアを内蔵したより安価なセンサー、プロセッサ、ストレージの登場によって、人工知能の開発や導入におけるコストは大幅に削減された。今では誰もがブラウザを通じてこれらのツールを最小限の月額費用で利用できる。世界中の企業では何百万もの人が、人事、マーケティング、販売および研究開発部門に雇用され、データの収集や分析を行っている。

 英エコノミスト誌や英オックスフォード大学によると、今後20年以内に西欧諸国における業務の47%をコンピューターが自動化できると報告している。これは、医療、教育や専門サービスなど、今まで自動化とは比較的無縁であった業界でも起こると予想されている。人工知能は企業や組織に効率性と収益の向上をもたらす一方で、従来の業務や労働者におびただしいほどの余剰を生み出すことになるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

人工知能がもたらす改革

 人工知能は今後、IBMの人工知能「Watson」、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」、グーグルのクラウドベースの機械学習サービス「Prediction API」といった既存のソフトウエアに、新機能として組み込まれる形で導入が進んでいくだろう。「Watson」は米国で二番目に大きな規模である薬局チェーン「CVS」で、顧客の健康状態を予測する目的で使用されている。機械学習、マシンビジョンや自然言語処理を組み合わせた人工知能のソリューションを提供するベンチャー企業によって、人工知能のビジネスへの導入は今後さらに加速するだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら