VAIOが2017年9月21日に発表した「VAIO S13」と「VAIO S11」は出先でノートPCを活用するビジネスパーソンをターゲットにSIMロックフリーのLTE通信機能を搭載した、注目のモバイルノートPCだ(写真1)。

写真1●VAIO S13
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 LTE以外にも過去のVAIOシリーズの特徴を受け継いでおり、改善を重ねて完成度を高めたモデルに仕上がっている。本記事では発表会で展示されたモデルの詳細をレポートする。

13型と11型でデザインを共通化

 今回発表した新モデルのうち、13.3型の「VAIO S13」と11.6型の「VAIO S11」の2機種がLTE搭載モデルをラインアップに含んでいる。法人向けモデルは名前が異なり、13型が「VAIO Pro PG」、11型が「VAIO Pro PF」だ。

 従来の「VAIO S11」にもLTE搭載モデルはあったが、異なるチームが13型と11型を設計したため、デザインの方向性が異なっていた。これに対して今回のS13とS11は同じチームが設計。仕様上の共通点が多く、外観だけ見ればS13をそのまま小型化したのがS11という印象だ(写真2)。

写真2●VAIO S11ホワイトモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 両者の違いとして、S11では東レ製のカーボン素材「UDカーボン」を天板に採用した(写真3)。11型では特に軽さを求めるユーザーが多く、マグネシウム合金では900g以下を実現するのが困難だったため、価格とのバランスを考慮して採用したという。S11の重さはWi-Fiモデルで約840g、LTEモデルで約860gとなり、手に持ってみると見た目の印象よりも軽く感じた。

写真3●11型モデルのみ天板にUDカーボンを採用
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら