2016年9月7日(現地時間)、米アップルが米サンフランシスコで毎年秋恒例のスペシャルイベントを実施し、新型iPhone「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表した。基本的なデザインは従来モデル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」から据え置かれたが、FeliCaの電子決済に対応してモバイルSuicaが使えるようになったのが目玉の一つ。iPhone初の防塵防滴構造やデュアルカメラの採用、カラーバリエーションの増強なども図り、見た目の変化の少なさに反して改良点は多岐にわたる。日本での発売は9月16日(金)の予定で、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3キャリアが取り扱いを発表した。

 イベント会場で撮影した写真を基に、今回のスペシャルイベントで注目したいポイントを見ていきたい。

スペシャルイベントが開かれた米サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウム。この1~2年、アップルは新製品発表イベントの開催でこの会場を利用することが増えた
(撮影:磯 修、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
登壇した米アップルのティム・クックCEO。冒頭、iOS用ゲームアプリが50万種類を超えたことを発表し、「iPhoneやiPadは世界で一番有名なゲームデバイスだ」と胸を張った
[画像のクリックで拡大表示]
その直後、「マリオの生みの親」といわれる任天堂の宮本 茂氏がサプライズで登壇。宮本氏は、特に海外ではカリスマ的な人気を誇る存在だけに、会場は大いに沸いた
[画像のクリックで拡大表示]
宮本氏は、任天堂の人気キャラクター「スーパーマリオ」を用いた初のiOS用ゲーム「スーパーマリオラン」の開発を発表した。配信開始は12月の予定
[画像のクリックで拡大表示]
スーパーマリオランの画面。フィールドが自動的にスクロールしていき、画面をタップするとジャンプするシンプルな仕組み。「片手であそぶ新しいマリオ」のキャッチが示す通り片手でプレーでき、通勤や通学の電車内でもストレスなく遊べそう
[画像のクリックで拡大表示]
対戦機能も備えており、知人などのライバルとスコアを競いながら遊べる。ダウンロードや基本プレーは無料ながら、一部の要素を楽しむのは有料となる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら