2015年7月29日より、Windows 10への無償アップグレードが順次提供される(写真1)。だが、その直前の週末、Windows 10へのアップグレードを「抑止」する方法をマイクロソフトがブログで公開し、SNSを中心に大きな話題になった。

写真1●7月29日に迫る無償アップグレード開始を前に、混乱も
[画像のクリックで拡大表示]

 これにより、抑止する手順をとらなければWindows 10に自動的にアップグレードされるとの誤解が広まった。その一方で、金融機関などはWindows 10における自社のサービスの動作確認を終えていないとして、アップグレードを控えるようにとの呼びかけを始めている。本記事では、アップグレード開始まで秒読み段階となったWindows 10の直前状況をまとめておく。

Windows 10のアップグレード「抑止」騒動

 最初に確認しておきたいのは、自動ではWindows 10へアップグレードされない点だ。タスクトレイに追加されたWindowsアイコンをクリックし、無償アップグレード予約をしない限り、アップグレードはされない。また、一度予約した後で、取り消すこともできる。「いつの間にかWindows 10になっていた」という事態は起こらない。

 しかし、マイクロソフトが運営する「TechNet」のブログでは、グループポリシーやレジストリの設定を編集することで、アップグレードを「抑止」する方法が案内され、注目を浴びた(写真2該当記事)。

写真2●Windows 10へのアップグレード「抑止」を解説したTechNetブログ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら