アップルは2016年4月19日、12インチ「MacBook」の新モデルを発表した(関連記事:Appleが12型「MacBook」を強化、処理速度を向上し、新色追加)。新モデルでは、CPUに第6世代のCore Mプロセッサーを採用。本体のカラーバリエーションとしてローズゴールド色が新たに加わった(写真1)。

写真1●12インチMacBookの新モデルが登場
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 4月20日から日本国内でも販売が始まっている新モデルについて、本機では実機のファーストインプレッションをお届けする。

iPhoneとマッチするローズゴールドが追加

 まずはカラーバリエーションについて見ていこう。2015年に登場した12インチのMacBookは、これまでMacBook AirやProで定番だったシルバーに加え、ゴールドとスペースグレーの2色が加わった。

 一方、iPhone 6sでは新たに「ローズゴールド」が増えており、iPhone SEや9.7インチ版のiPad Proでも採用されている。これに合わせて新MacBookにもローズゴールドが追加され、シルバー、ゴールド、スペースグレーを含む4色展開になった(写真2)。

写真2●ローズゴールド色が追加され、4色展開に
[画像のクリックで拡大表示]

 最新のiPhoneなら、どの色を使っていても同じ色のMacBookを選択できるようになり、カラーを合わせられるのはうれしい点だ。色合いも調和が取れており、両者を重ねても違和感はない(写真3)。

写真3●iPhone 6sともマッチするローズゴールド色
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら