マイクロソフトは、現行のWindows 10 バージョン1511(開発コード名はTH2)に対し、2016年夏に「Anniversary Update」を行うことを発表している。既にこのアップデートは、「RS1(Red Stone 1)」と呼ばれる開発コード名(ビルドに対するコード名)で知られていたもの。今回は、各種の情報や現行のWindows Insider Preview(以下WIPと略す)版などから、RS1の概要を解説する。

Windows 10のバージョンとOSビルド

 最初に、Windows 10のバージョンを整理しておく。最初のWindows 10(従来の言い方ではRTM)は、現在ではバージョン1507と呼ばれている。その後登場した2015年11月のアップデートは、バージョン1511と呼ばれる。これらは、それぞれ開発コード名としてTH1、TH2という名称を持つ。THは、「Threshold」の略と考えられている。これは、Windows 10開発時のコード名だった。

 なお、バージョン1511以降は、様々なアップデートをまとめたものが配布されている。それをインストールすると、小数点以下のバージョン番号が変化する。原稿を執筆している2016年4月時点では、「1511.218」となっている。こうしたアップデートの履歴は、以下のURLに記載がある(画面1)。日本語版もあるが、原稿執筆時点で最新版が反映されているのは英語版のみだ。

画面1●「Windows 10 update history」のページ。TH1からの主要なアップデート履歴に関する情報がある。日本語版もあるが、更新が遅れている
[画像のクリックで拡大表示]

 小数点以下のバージョンは、累積的なアップデートをインストールするタイミングで変化する。そのそれぞれに「OSビルド」と、対応する「KB番号」が対応する。前者は、開発時のビルド(個々に開発したモジュールやコンポーネントをまとめて最終製品のイメージを作ること)ごとに割り当てられる番号をベースにした表記だ。

 例えば、TH1は、10240というビルド番号を持ち、TH2は10586というビルド番号を持つ。OSビルドの表記が公式に行われたのはTH2からだ(画面2)。TH1では内部番号としては持っていたが「Winver.exe」などでは表示していなかった(画面3)。TH2のOSビルドは、アップデート直後は、10.10586.0(バージョン表記は1511)だったが、2015年11月10日のアップデートを適用すると10.10586.3(同1511.3)となった。

画面2●TH2からは、バージョン1511(OSビルド 10586.0)という表記が採用された。TH2の更新では、OSビルドの小数点以下の数が増えていく
[画像のクリックで拡大表示]
画面3●TH1では、バージョンは10.0(ビルド 10240)という表記になっていた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら