今回から3回にわたり、ITスキル研究フォーラム(iSRF)が国内で就業するITエンジニア1万3287人を対象に実施した調査結果を紹介する。今回は平均年収を見ていく。平均年収は500万円で、前回の468万円から32万円アップした。最も高い職種と低い職種では150万円以上の開きがある。

 大規模プロジェクトが相次ぎ、IT業界では人材不足が叫ばれる。現場で働くエンジニアの年収やキャリア志向、やりがいにどのような影響を与えているのか。最も年収が高いのは、どの職種・スキルレベルか。ITエンジニア1万3000人を対象に実施した調査から実態を探る。

 平均年収は前回に比べ30万円アップ。全体として独立志向は弱まっているが、40代の独立意欲が高まっている-。IT人材のスキルキャリアを研究するNPO法人「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」が国内で就業するITエンジニア1万3287人を対象に実施した調査結果から、これらの傾向が分かった。

 調査では、経済産業省が策定した「ITスキル標準(ITSS)」の職種、専門分野に従ってIT人材を分類し、iSRFのスキルレベル診断により集計した。職種はITSSにある11職種に加え、「品質保証」「クラウド」を独自に加えた。クラウドは、クラウドサービスのインフラ(IaaS:インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)、プラットフォーム(PaaS:プラットフォーム・アズ・ア・サービス)、アプリケーション(SaaS:ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を横断的に捉え、ビジネスとしてのクラウドコンピューティングを提供する上で全体を俯瞰する立場の人材を指す。

 スキルレベルはITSSで定めるレベル1から7と「未経験レベル」で、レベル7に近づくほどプロフェッショナルとしてのスキルが高いとされる。「未経験レベル」はレベル1(最低限必要な基礎知識を有する)に達していないという位置づけである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら