「VAIO Phone Biz」は、VAIOによる初のWindows 10 Mobileスマートフォン製品だ。SIMロックフリー端末として2016年4月以降に5万円台で発売する。

 VAIOブランドのスマートフォンとしては、2015年に日本通信が発売したAndroidスマートフォン「VAIO Phone」がある。これに対してVAIO Phone Bizは、VAIO自ら開発を手がけ、販売していくスマートフォン製品だ(写真1、2)。

写真1●VAIO Phone Bizのパッケージ
(撮影:山口 健太、注記のないほかの画像も同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●VAIO Phone Biz(VPB0511S)
[画像のクリックで拡大表示]

 本記事では開発中の試作機をベースに、VAIO製品担当者の話を交えながらVAIO Phone Bizの詳細を紹介する。

ビジネス利用向けにWindows 10 Mobileを訴求

 VAIO Phone Bizは、新たにOSとして「Windows 10 Mobile」を採用した。前モデルよりもさらにビジネスユースを意識した製品として、名前に「Biz」を含めている。

 国内でも搭載機種が複数モデル発売されているWindows 10 Mobileは、PC版Windowsと共通のユーザーインタフェースを持ち、Office Mobileを標準搭載、マイクロソフトのクラウドサービスと連携しやすいなど、Windows PCと高い親和性を持つことが特徴だ。

 その一方で、「現在のWindows 10 Mobileのアプリストアには、個人で楽しめるアプリやゲームがまだ少ない」(VAIO)。この点も、VAIOが製品の方向性をビジネスユースに絞った理由であるという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら