2016年1月末、トリニティのWindows 10 Mobileスマートフォン「NuAns NEO」が発売された。アクセサリーメーカーとして知られるトリニティによる初めてのスマートフォンとして、また日本市場で販売され始めたWindows 10 Mobileを採用した製品としても、注目度は高い(写真1)。

写真1●NuAns NEO
[画像のクリックで拡大表示]

 本記事では早速入手した製品版のNuAns NEOを用いた、ファーストインプレッションをお届けする。

パッケージから他のスマホとは異なる印象

 NuAns NEOの第一印象を決める上で重要な要素が、パッケージだ。最近のハイエンドスマホは凝ったパッケージを採用する製品が増えているが、NuAns NEOはスタイリッシュなパッケージになっている(写真2)。

写真2●NuAns NEOのパッケージ。同社のアクセサリー「NuAns」シリーズを踏襲したデザインだ
[画像のクリックで拡大表示]

 パッケージが3つあるのは、NuAns NEOの本体である「CORE」と、上下のカバーで分かれているためだ。追加のカバーをオプションで提供するスマホは珍しくないが、NuAns NEOは購入時に何らかのカバーを併せて購入する仕組みになっており、否が応でも自分なりのカスタマイズをすることになる(写真3)。

写真3●NuAns NEOの「CORE」(左)と上下のカバーは別売り
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら