質問

 良いエンジニアを採用したいのですが、どうすれば応募まで至るでしょうか?

回答

 すごくざっくりした質問をいただきました...!正直なところ、自分自身の経験を振り返っても採用に関してはいろいろと苦労した思い出しかないですし、今も苦労している真っ最中なので、一旦自分(たち)のことは棚に上げて回答させていただきます...ので、石投げないで聞いて(読んで)ください。

 まず大前提として、需給バランスを考えるに、誰もが「良いエンジニア」と思うようなすばらしい人材に関しては競争は相当に激しい、という事実を正しく認識しておく必要があります。なので、もし現状で特に採用状況が芳しくないのでしたら、そのまま待っていても何も起こりません。まずは自分たちの業種、会社規模、特徴、などなどを見つめ直し、自分たちにとっての「良いエンジニア」のイメージをみんなで共有するところから始める必要があります。もしその結果、世間の多くの企業とは異なる人が、自分たちにとっての「良いエンジニア」だったら採用が大分楽になりますしね!

 とまぁ、往々にしてそううまくはいかないので、ここから先は個別に戦略を考えていくことになります。汎用的な解はないです。ただ一つ言えるのは、他社とは違う苦労を選んで行う、それをどこに絞るか、というところから始めましょう、ということです(ただ、きっと普通に会社やエンジニア、技術をPRしてもうまくいかなかったので質問されてると思うので、普通な答えは書かないでおきます)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら