「ビッグデータの活用事例や分析ツールに関する情報収集はしやすくなっているが、それだけでは足りない。やはり統計学の基礎知識がないと、実務でデータ分析をしたり、最適な分析ツールの選定をしたりすることは難しい」。三井物産の水澤智直IT推進部グローバルユーザサポート室マネージャーはこう話す。

 そこで三井物産は、統計学を学べる“少数制集団指導の統計学習塾”を社内で開講した。社内システム部門であるIT推進部と、次世代ビジネスを考案する情報戦略部門の担当者約10人を集め、「初級統計学」と呼ぶ社内研修を実施しているのだ。

三井物産で毎週水曜日の午前11時から開かれる統計学基礎の勉強会の様子。毎回10人前後が参加。右上は初回のノート。統計学の成り立ちを分かりやすく説いている
[画像のクリックで拡大表示]

 データ分析スキルは今や、マーケティング部門に限らず様々な部門で必要とされている。IT推進部は、システム運用・保守などに関連するデータを分析し、現状よりも効率的にシステムの性能や機能の改善を図る考えだ。

 研修の講師を務めるのは、外部のプロ。社会人向けの数学教育サービスを手掛けるすうがくぶんか(東京・杉並)の瀬下大輔代表取締役だ。

 三井物産の担当者は、2013年11月から毎週1回のペースで、午前11時からの2時間、仕事に使える統計学を学ぶ。研修の回数は全部で12回。内容は三井物産の要望に応じて“カスタムメイド”されている。

 2014年2月、東京・大手町にある三井物産本社のセミナー室では、10回めとなる研修が開かれていた。前回の宿題だった「ことわざへの共感アンケートの因子分析」に関する解説から講義は始まった。

 この研修の特徴は、実践演習型。手を動かしながら学べる。ノートパソコンを持参し、サンプルデータを使って、データを統計解析するためのプログラミング言語「R言語」でデータ分析を試みる。既に9回の研修を終えて、R言語の基本的なスキルも習得済みだ。

 「座学形式で受け身で講義を聞いているだけでは、分かったつもりでいても、実践できないことも少なくない。毎回、先生に宿題を出してもらって、予習と復習で、スキルが定着するようにしている」(水澤マネージャー)。まさに、受験対策の学習塾のようだ。

 受講者の満足度も高い。「プロジェクトでアンケートやデータ分析をすることはよくあったが、単純に平均値を出すぐらいしかやっていなかった。今では、標準偏差や分布をイメージしながら、データ分析できるようになり、自信がついた」。受講者の1人である友金壮一郎IT推進部技術統括室マネージャーはこう話す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら