アラン・ケイが「すべての年齢の『子供たち』のためのパーソナルコンピュータ」を踏まえて、41年後に書き下ろしたエッセイ「Dynabookとは何か?」の全文を掲載する連載の第2話。今回は同氏がDynabookのアイデアを得た様子を振り返っている。それは1967年、マサチューセッツ州のレキシントンで見学したある学校での授業にあった。(ITpro編集部)


アラン・ケイ(2008年11月5日) "Alan Kay" by Marcin Wichary is licensed under CC BY 2.0
[画像のクリックで拡大表示]

 1966年の私は、ARPAコミュニティに属する大学院一年生でした。そして、それまでの成果を目の当たりにしてわくわくしていたのです。私は、エンジニアのためのデスクトップコンピューター「FLEX Machine」に関する仕事で、エド・チードルと働くチャンスに飛びつきました。このFLEXMachineは、高度に対話型の「エンジニアやその他のプロフェッショナルのためのサービスパートナー」で、机の上に設置できました。そして、いくつかの優れたアイデアをSketchpad、LINC、GRAIL、NLSなどから取り込んでいました。具体的には、複数のウインドウを持ち、オブジェクト指向ユーザーシステムとオブジェクト指向OSを備えていたのです。

 その翌年、私はマサチューセッツ州レキシントンにある、とある学校でのLOGOを用いた授業を見学しようと、パパート、ウォーリー・フォーリッグ、シンシア・ソロモンたちを訪問しました。これが天の啓示だったのです!LOGOを使った授業は、ARPAがそのビジョンを特徴づけるために主に用いていた「ツール」と「乗り物」の比喩(ひゆ)よりも、私にとってはるかに重要なものになりました。私にとってその天啓は、マリア・モンテッソーリの「パワフルな認識の環境」とマーシャル・マクルーハンの「メディアの環境」から得られた刺激に似つつも、より印象的なものになりました。それは、印刷機の発明とその影響を私に想起させたのです。授業で目にしたのは、単なる「人間知性の増強」ではなく、「人間知性の初期形成」でした。これは「サービスのアイデアとして非常に重要で広大な」ものだったのです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら