発売日当日に予定通り到着したAppleの無線イヤフォン「AirPods」を年末年始に徹底的に使い込んだ。利便性について言及した前回(AirPodsは「買い」だ! 幾重にも積み上げた「未体験の利便性」)に続き、後編の今回は、落下対策と音質についてレポートしたい。

筆者の愛用するAirPodsとiPhone
(筆者撮影、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

有効な手段を見つけることができなかった落下対策

 AirPodsと同じ形状の標準有線イヤフォン「EarPods」は、筆者の左耳と徹底的に相性が悪いようで、本当によく落下する。同じ形のAirPodsも同様だ。これでは落下による紛失が心配でおちおち使用できない。

 スター・ウォーズのストームトルーパーを彷彿とさせるEarPodsのフォルムは、Appleのインダストリアルデザイナーチームが約600人以上の人を対象に124種類以上のプロトタイプをテストして完成させた形状だそうだが、「俺の左耳は規格外かい!」と恨み節の1つも吐きたくなる。

光学センサーを無効化してしまうシリコンカバー

 そこで、考えたのが落下防止用の補助具の使用だ。幸い2012年秋にiPhone 5と共に登場した歴史あるEarPodsだけに、耳へのフィット強化を目的としたシリコンタイプのカバー型補助具がたくさん発売されている。さっそく写真の2種類のタイプを試してみた。

[画像のクリックで拡大表示]
シリコンタイプのカバー型落下防止補助具を使うと安心感は増すが、光学センサーを塞いでしまうので利便性が損なわれる
[画像のクリックで拡大表示]

 結果は良好。耳孔内にしっかりとホールドされ安心感が格段に向上した。ただ、ちょっと考えれば分かることだが、このカバー方式には大きな落とし穴があった。光学センサーを塞いでしまうので、前編で紹介した便利機能(装着・非装着の感知による停止・再生)がまったく無効化されてしまうのだ。試しに、ブラックではなく、光を透過しそうに見える半透明のカバー(下の写真)を試してみたのだが、こちらも結果は同じだった。半透明とはいえ透過率が不足しているのだろう。

 コントロールの利便性を選ぶか、落下防止の安心感を採るか、悩ましいところだが、今のところ、カバーを使い安心感を選択している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら