米シカゴに本拠を置くクレバーセーフ(Cleversafe)は、数ペタバイト(PB)を超えるようなビッグデータを保管できる「オブジェクトストレージ」のベンダーだ。同社の「Cleversafe」は、日本ではKDDIがクラウドサービス「au Cloud」のストレージ基盤に採用する。クレバーセーフの社長兼CEO(最高経営責任者)であるジョン・モリス氏に話を聞いた。

クレバーセーフはどのようなベンダーか?

写真●米クレバーセーフ(Cleversafe)の社長兼CEO(最高経営責任者)であるジョン・モリス氏
[画像のクリックで拡大表示]

 当社は非構造化データを蓄積するための分散オブジェクトストレージを販売するために、2004年にシカゴで起業した。創業者はもともとデジタル音楽の配信事業を目指していたが、米アップルが「iTunes」を始めたため断念した。そこで、デジタル音楽配信のために開発した大規模なストレージを販売するというビジネスに方針転換した。

 非構造化データは、容量が非常に大きくデータに対する更新も多い。Cleversafeはこのようなニーズに対応することを目指している。ストレージの全ての機能はソフトウエアによって実現している。ハードウエアには業界標準のPCサーバーを使用する。

 日本ではCleversafeはKDDIが採用している。日本以外での採用事例もクラウドサービス事業者が中心だ。写真共有サービスを提供する「Shutterfly」もCleversafeのユーザーで、100PB以上のストレージを実現している。

 AWSのストレージサービスである「Amazon S3」を使うユーザーは増えているが、1PBを超えるようなデータを保管するとなるとパブリッククラウドを使うよりもプライベートクラウドを構築した方が安価になると当社は考えている。そのようなユーザー企業がCleversafeを選んでいる。

Amazon S3のようなオブジェクトストレージを実現するための分散ストレージソフトには、様々な種類がある。その中でも、Cleversafeならではの特徴は何か?

 Cleversafeの特徴は、長距離通信の世界で使われる「誤り訂正符号方式」を分散ストレージに採用していることだ。ファイルはまず暗号化した上で、たくさんのスライス(断片)に分割する。このスライスを複数台のサーバーに分散配置する。

 例えばKDDIのケースでは、データは18分割している。スライスには他のスライスのパリティーデータが含まれているため、18個のスライスの内の最低11個があれば元のデータを復元できる。あるスライスを配置したサーバーが故障したとしても、それ以外のサーバーにあるスライスを使ってデータを復元できるという仕組みだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら