オープンソースソフトウエア(OSS)の分散データ処理ソフト「Hadoop」を使ったシステム構築やサポートの事業を手がけるNTTデータ。そんな同社が現在、Hadoopのサポート企業から「開発企業」へと変わり始めている。Hadoopのソースコード開発に関する貢献を増やし、Hadoopの「コミッター」を自社から輩出することを目指す。

 「Hadoopの開発そのものに、今まで以上に足を突っ込むことに覚悟を決めた」。NTTデータの濱野賢一朗氏は、同社のHadoopに関するスタンスをこのように表現する。NTTデータは2010年7月から、Hadoopを使ったシステム構築・運用支援サービスを手がけている。NTTデータは当初、Hadoopのディストリビューション(検証済みパッケージ)のベンダーである米クラウデラと提携し、サポートを提供していた。例えば、ユーザー企業からHadoopに関するバグ修正などの要望が生じた場合は、クラウデラに実際の修正作業などを依頼していた。それを「クラウデラに必ずしも頼らなくても、最後まで顧客に改善を約束できる体制をNTTデータだけで作る」(濱野氏)という。

 NTTデータが方針を切り替えたのは、クラウデラや米ホートンワークスといったHadoopのディストリビューションベンダーが、最近は「Hadoop 2」の開発に専念しているためだという。Hadoop 2は2013年10月に正式版がリリースされた新世代のHadoopで、新しいクラスター管理機構である「YARN」を搭載することで、バッチ処理以外の様々な処理方式に対応できるようになった。

 ディストリビューションベンダーはHadoop 2の開発に力を入れる一方で、従来のHadoop、つまりYARNを使わないHadoopのことを「Traditional Hadoop」と呼び、Traditional Hadoopに対する性能改善や機能追加を、ほぼ止めてしまったのが実情だ。しかし「今後も既存のHadoopを使い続けるユーザー企業は多い」(濱野氏)。そこで、ディストリビューションベンダーに代わってNTTデータが、Traditional Hadoopのメンテナンスをしていく考えなのだという。

Hadoopコミッターの輩出も目指す

 具体的には、NTTデータ社内やNTTグループの研究所である「NTTソフトウェアイノベーションセンタ」の中に、Hadoop開発に従事するエンジニアを育成する。そしてユーザー企業から改善要望などがあった場合に、NTTデータだけでHadoopの修正パッチを開発できるようにする。さらにそれだけでなく、米Apacheソフトウエア財団(ASF)においてHadoopなどのソースコードを変更する権限を持つ「コミッター」も、NTTデータから輩出することを目指す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら