薬とICTの融合が急速に進み始めた。目的は、服薬アドヒアランスの向上だ。薬が情報化されることで、“服薬のカタチ”は変わっていくのか。本レポートでは、薬×ICTの具体事例を見ていくことで、その可能性を探る。

 2015年9月、米国FDAはシリコン製のセンサーチップを内蔵した錠剤の新薬承認申請を受理した。医薬品とICT(センサー)を一体化した製品の審査は、FDAにとって初だという。

 承認されたのは、大塚製薬の抗精神病薬「エビリファイ錠」に、米Proteus Digital Health社が開発した“飲み込めるセンサーチップ”を内蔵したもの(図1)。エビリファイ錠の適応として承認されている、成人の統合失調症や双極性Ⅰ型障害の躁病、混合型症状の急性期、大うつ病性障害の補助療法に使う。センサーチップを内蔵の目的は、服薬アドヒアランスの向上だ。

図1●錠剤に内蔵するセンサー(右のケース内)と、体に貼り付けるパッチ型検出器
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら