オブジェクト指向という考え方は,今のソフトウエア開発にはなくてはならないものになっています。分析設計といった前工程から,プログラミングまでの後工程まで,オブジェクト指向の概念は繰り返し登場します。しかも主要なプログラミング言語の大半がオブジェクト指向をサポートしています。もはやオブジェクト指向は,ソフトウエア開発者にとっての「必須科目」といってもいいでしょう。

 ここでは確実にオブジェクト指向をマスターするために,Part1ではオブジェクト指向の基本的な概念を,Part2とPart3でオブジェクト指向プログラミングの初歩を解説します。

Part1 オブジェクト指向を正しく理解する 
Part2 オブジェクト指向プログラミング,始めの一歩 
Part3 オブジェクト指向プログラミングの三本柱 

出典:日経ソフトウエア2003年8月号,9月号, 2005年6月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。