■2005年8月30日、31日の両日にわたり、静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」において、第3回都道府県CIOフォーラム年次総会が開催された。今回は基調講演に損害保険ジャパン取締役常務執行委員の望月純氏を迎え、民間企業のCIOの役割についても情報を吸収した。その後、都道府県のCIOおよび情報政策責任者により、システムの最適化、住民視点での電子自治体の推進などについての議論がかわされた。また、都道府県CIOフォーラム初の試みとして、「レガシー見直し」と「オープンスタンダード」とテーマを分けた2つの分科会を実施した。
構成/山田哲也(イデア・ビレッジ)
 写真/佐藤久、沼田雄司

■「第3回都道府県CIOフォーラム年次総会」プログラム
8月30日(火) 初日
時間 内容
14:00~14:30 Opening Networking
(開場・名刺交換・展示コーナーご案内)
14:30~15:00 ご挨拶;
静岡県 企画部高度情報総室長
大野 耕一郎氏

議事;
(規約改正、次期役員選出、本年度事業計画案等)
15:00~15:40 基調講演
「ITガバナンスの実現に向けたCIOの役割
~システムの最適化、セキュリティ対策など損保ジャパンの取り組みについて~」
損保ジャパン
取締役常務執行役員
望月 純氏
15:40~16:00 Networking Break (展示コーナーご案内)
16:00~18:10 総務省講演
「総務省の来年度に向けた施策展開」
総務省 自治行政局自治政策課
情報政策企画官
牧 慎太郎氏

第一部:
テーマ『業務・システムの最適化』

(1)自治体講演
「埼玉県における『業務・システムの最適化』の取組について」
埼玉県総務部
システム調整室長
山口 均氏
(2)CIOによるディスカッション
18:10~18:30 Networking Break(展示コーナーご案内)
8月31日(水) 2日目
8:30~9:30 Breakfast Networking(簡単な朝食&懇談)
9:30~9:40 初日の総括
9:40~11:40 第二部:
テーマ『住民視点での電子自治体の推進』

(1)自治体講演
「住民視点での電子自治体の推進」~三重県の取組~
三重県地域振興部情報政策監
杉野 周二氏
(2)自治体講演
「住民の視点に立った電子自治体の構築に向けて」
岐阜県知事公室情報政策課長
川野 真稔氏
(3)CIOによるディスカッション
11:45~12:00 Networking Break(展示コーナーご案内)
12:00~13:00 CIOラウンドテーブル&昼食会
13:00~14:30 分科会(1)& 分科会(2)(いずれかに分かれて参加)

 分科会(1)
 「レガシー見直し・オープンシステム化」

 分科会(2)
 「オープン・スタンダード、オープン・ソース」
14:30~14:50 Networking Break(展示コーナーご案内)
14:50~15:20 総括&閉会の挨拶
Special Feature
■富士通
「SOAをベースに既存資産を生かしつつ低コスト・短時間での最適化を目指す」

■日立製作所
「端末の紛失・盗難に十分な備えで自治体の情報セキュリティを強化」

■マイクロソフト
「SOAに基づく相互運用性の実現が電子自治体システム構築のカギを握る」

■日本アイ・ビー・エム
「SOAを実装することで変化に対応できるIT環境を実現」

■NTTデータ 
「自治体のITパートナーとしてワンストップでサービスを提供する」

■SAPジャパン
「住民サービス強化を実現するEnterprise Services Architecture (ESA)」

■サン・マイクロシステムズ
「セキュアOS「Solaris 10」で実現する新たな住民サービスIT基盤」

都道府県CIOフォーラム