もう少し丁寧に、告知の手続きを踏んでほしかったなあ。それが、記者の偽らざる実感だった。

 ヤフーとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2014年6月2日、共通ポイントサービスに関するプライバシーポリシーなどを変更した(ITpro関連記事)。CCCがTカードで収集した商品購入履歴と、ヤフーが収集したWeb閲覧履歴を共有できるようにする。

 両社が持つパーソナルデータを連携させれば、Tカードで集めた実店舗での購買情報を基に、Webサイトでクーポンを配る、リターゲティング広告を打つなど、広告効果やサービス品質の向上が見込める。

 その一方で、Web履歴や購買履歴などのプライバシー情報が企業を超えて交換されることに、違和感を覚える消費者も少なくない。

 ヤフーとCCCは今回、ポリシーの改正を事前にWebサイトで告知したほか、個人の判断で情報提供を停止できるオプトアウト機能も用意した。その意味では、プライバシー保護に配慮する最低限の措置は取られている。

 とはいえ冒頭に挙げたように、もう少し丁寧に告知の手続きを踏むこともできたのでは、と思う。データ利活用への丁寧な説明は、消費者が自己のプライバシー情報をどう扱われるか、自覚した上で意思決定できる力――「プライバシー・リテラシー」とでも言おうか――の向上、ひいてはビッグデータの利活用への社会的信頼につながると考えるからだ。

 今回のポリシー改正が、「データの第三者提供」という重要な変更を含むことを考えると、プレスリリースでの告知、Webトップページ上段掲載による変更告知、メールでの告知など、取れる手段はあった。

 提供されるオプトアウト手段についても、先行事例(行動ターゲティング広告のオプトアウト機能など)と比べると見劣りする。例えばCCCのオプトアウト窓口は、T会員の利用規約からFAQ(よくある質問と答え)を経て、問い合わせフォームに自由記述で文字を入れて送信し、ようやく専用フォームに到達できる。ヤフーの窓口は、オプトアウトした会員を特定できない不具合があったとして、オプトアウト受付を一時中断している(一時停止のお知らせ)。

 ヤフーとCCCには、2015年に予定される個人情報保護法改正を見据え、データ利活用とプライバシー保護を両立する優れたモデルを作ってほしい、と陰ながら期待していた。それだけに、今回の件は記者にとってやや期待外れな結果になってしまった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら