私はこれまで、ITproのコラム「極言暴論!」などで、日本企業のIT投資のおかしさについてIT部門の在り方やITベンダーの提案の問題点から論じてきた。多くのIT関係者に問題意識を持ってもらいたいので、かなり“挑発的に”書いている。そのため最近、ユーザー企業のCIO(最高情報責任者)やシステム部長、ITベンダーの経営幹部に会うと、お叱りをいただくことが増えてきた。

 「でも、結局は(ユーザー企業の)経営者次第なんだよね」。お叱りを糸口にディスカッションすると、必ず最後はこの話になる。「極言暴論!」の記事への読者の意見を読んでも、「経営者のITに対する意識が変わらないと何も変わらない」との指摘は多い。

 経営者次第というのは、もちろん私も同意。業務プロセスを効率化したり、新規事業を創出したりするためにシステムを導入する以上、トップダウンのアプローチを採らない限り成功は望めないからだ。

 振り返ってみれば、「社長はITが分からない」という嘆きは十年一日のごとく、いや30年以上一日のごとくIT関係者の間で繰り返しつぶやかれてきたことだ。だが、この嘆きにはある種の欺瞞がある。一昔前なら「社長が分からない」ことをいいことに、IT部門は潤沢なIT予算を確保し、ITベンダーも潤うことができた。また最近では、何もできないことや、まともな提案ができないことの免罪符としても、この嘆きは使われている。

 結局のところ「社長がITを分かる」ことを単に期待していては、状況は何も変わらない。もしそうなら、IT部門やITベンダーが経営者に分からせる必要がある。

 ただ私は、本当は多くの経営者がITのことを分かっているのではないかと思っている。そして、彼らが本気でITを経営の道具として使い始めたら、IT部門やITベンダーにとって“不都合なこと”も起きるだろう。果たしてIT関係者にその覚悟があるのだろうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら