写真●ヤフー執行役員の別所直哉氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「日本ではプライバシーフリークが台頭」「EU型の厳格規制(完敗への道)を志向」「ゆえにプライバシーフリークに対抗する動きが必要」――。こんな聞きなれない言葉で、ヤフー執行役員の別所直哉氏(写真)がビッグデータの利活用と利用者保護に関する説明会を開いたという報道が、2014年1月に一斉に伝えられた。

 別所氏は、2013年7月のインタビュー連載「カウントダウン!個人情報保護法改正」に登場してもらった(関連記事)。個人情報保護法の改正を議論してきた内閣官房の「パーソナルデータに関する検討会」も毎回記事にしてきた。ところが、筆者には説明会の知らせは届いていなかった。

 そのうち別所氏の「プライバシーフリーク」という言葉はツイッターなどで「炎上」。しかもインターネットで伝えられている内容は、検討会を取材してきた内容とはどうも違う。ならばと、2月に真意を聞きに取材をお願いした。

 この法制度は、多くの人が使うスマートフォンのアプリが、利用者のどんな情報を集めているかという問題に関わる。今後の議論のためにも、米国でプライバシー問題に関わる企業関係者や、データを活用したマーケティングに携わる大手広告代理店の担当者の声も紹介しながら、別所氏の発言を検証したい。

 別所氏にはまず記者説明で使ったスライドを使って、問題認識を再度語ってもらった。その内容を以下の3つに要約する。

(1)Suica事例は不安感などから反発された
 JR東日本はICカード「Suica」の乗降履歴データは、個人を特定できない形に変換して提供したので保護の対象外。しかし不安感や不信感から反発して規制を求める人たちがいた。個人情報保護法への過剰反応もある。政府は成長戦略でビッグデータを利活用するというが、どう折り合いを付けるのか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら