写真1●「WiMAX 2+」の基地局
写真提供:UQコミュニケーションズ
[画像のクリックで拡大表示]

 2013年10月31日にサービスを開始したUQコミュニケーションズの「WiMAX 2+」。下り最大110Mビット/秒のモバイルブロードバンドサービスだ。

 サービス開始当初のサービスエリアは東京都内の環状7号線内の一部に限られていたが、2月末時点で東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、愛知の1都2府5県の都市部にまで拡大してきた。2015年3月末までには「全国主要都市」にエリアを拡大する予定としている(写真1)。

 WiMAX 2+は、2013年7月に総務省が新たにUQコミュニケーションズに割り当てた2.5GHz帯の20MHz幅を使って始めたサービスである。この2.5GHz帯の追加割り当てに関しては、割り当てを受けられなかったWireless City Planning(WCP)の孫正義社長(WCPはソフトバンクグループ)が激怒したことを記憶している読者も多いだろう。“あの周波数帯”を使って実現したサービスがWiMAX 2+なのである(関連記事:2.5GHz帯争奪戦でソフトバンクがキレた理由、関連記事:UQが2.5GHz帯争奪戦を制した理由、そしてソフトバンクは何に怒っているのか)。

 現状では20MHz幅で下り最大110Mビット/秒だが、UQコミュニケーションズによると、2014年度中に4×4 MIMO(multiple-input multiple-output)技術を投入して下り最大220Mビット/秒とする予定。さらに、2017年度以降をメドに、現在WiMAXで使用している周波数帯を一部移行するなどして400M~500Mビット/秒、1Gビット/秒超といった超高速サービスを始める計画だという。

 さて今回、このWiMAX 2+の端末を実際に試してみる機会を得たので、データ通信の実効速度計測を含めながらWiMAX 2+の実力や使い勝手について報告したい。タイトルに記した「速度規制ルール」についても、筆者が“ハマった”ポイントなどを後で詳しく述べようと思う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら