「以前はリリースまでがゴールだった。今は、リリースして直していくことが、ゴールになっている」。これは、大手Webサイトを運営するベンダーのエンジニアの発言である。システム開発や運用の現場に求められるスピード感が、また一段と加速している状況を映した発言ではないだろうか。

 「開発期間をいかにして短縮するか」ということが、システム開発で最も大きな課題となっていた時期もある。この課題を解決するため、エンジニアはゼロから開発するスクラッチ開発の手法を捨て、パッケージ製品をベースにしたカスタマイズという新たな開発手法で、開発期間の短縮を図ってきた。「ASP」という言葉が登場し、導入が進んだのも、同じ時期だった。

 こうした時期を経て、今は「短期間に開発できる」ことなど当たり前の状況になった。むしろ、リリース時点に必要な機能やサービスがそろっているだけでは不十分である。いま求められていることは、短期間に開発した上で、「リリース後に発生した新たな要望をシステムにすぐ実装できる」ことである。

 ここで注意してほしいのは、従来の保守開発のように、時間を掛けて機能追加できればいいというわけではないことだ。「求められたらすぐ追加」。このスピード感こそが重要なのである。いまシステム開発・運用の現場に求められている姿は、利用部門にタイムリーと感じてもらえる“タイムリー開発”を実現できる体制を整えることだ。

 タイムリー開発を実現するには、従来の保守開発の作業を効率化すればよい。効率化することで開発からリリースまでの作業が加速し、「すぐ追加」できるからである。効率化すべきポイントは、次の三つだ。

  1. 繰り返し発生する作業の自動化
  2. 手戻りの原因となる作業ミスの撲滅
  3. 成果物や作業工程の正確な把握

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら