写真●記録的な大雪に見舞われた東京。筆者宅から見た様子
[画像のクリックで拡大表示]

 この4月、筆者が主宰する情報化研究会は創立30周年を迎える。毎年4月の第一土曜日に行っている京都での研究会を今年は記念大会として開催する。25周年のときには80人あまりの方に参加していただいた。今回はそれを上回る100人を目標にしている。

 この原稿を書いている週末、東京は大雪に閉じ込められた(写真)。おかげで集中して研究会の企画をすることができた。

 さて、本論に入ろう。NTTコミュニケーションズの「050 plus」というIP電話サービスを使っている人に電話をかけると「音質が悪いな、と感じることがある。会話に支障があるほどではないが、「この音質では長く話したくない」と思うようなレベルだ。

 そのことを率直に相手に言うと、「使っているスマートフォンが古いAndroid端末だからです。iPhoneだと音質が良いですよ」と言う。iPhoneだけが音質が良いという意味ではないが、その人の経験では、自分のAndroid端末よりiPhoneの方が音が良いらしい。

 これは050 plusに限ったことではなく、LINEにしろSkypeにしろ、電話アプリの音質はスマホの機種に依存する部分があるのである。

機種によって音質が違う原因

 音質がスマホの機種によって左右される原因には、ハードウエアの問題と、電話アプリケーション開発者に開示されているAPIの機能の問題の2つがある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら