「さっきトイレに行ったら、見覚えのあるスマホが洗面台に置きっぱなしになっていたよ」。会社の同僚にそう指摘されハッとした。手元にあるはずのスマホが無いのだ(写真1)。

 メールやSNSのチェック、Webサイトの閲覧などに大活躍のスマートフォン。肌身離さず持ち歩いている人も多いだろう。記者もその1人。トイレに行くときも必ずスマホを持っていく。どうやら、手を洗うときに洗面台にスマホを置き、そのまま置き忘れてしまったようだ(写真2)。

 急いでトイレに駆けつけた。だが、スマホは無かった。頭が真っ白になる。誰かに持ち去られたようだ。

写真1●記者が使っているスマートフォン「SC-06D」
購入してから1年以上経過しているが、捨てるには惜しい。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●スマホを置き忘れたトイレの洗面台
無情にもスマホは持ち去られた後だった。
[画像のクリックで拡大表示]

頼みの綱の端末捜索アプリがリセット後で使えず

写真3●「Lookout」はGoogle Playで入手できる
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●「Lookout」の画面例
無料版でもスマホの位置特定機能を利用可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホが見当たらなくなるのは、今回が初めてではない。大抵は、さっきまで身に付けていたジャケットやカバンの中への置き忘れ。他の電話から自分のスマホ宛てに電話をかければ、着信音やバイブレーターの振動を手掛かりにすぐに見つかる。

 電話をかけても物音1つしないと問題だ。車中で落としたスマホが座席の下に潜り込んでしまったときは、たまたま着信音もバイブもオフになっていたので見つけるのに苦労した。街中で落としたのかと思いドキドキした。

 しばしばスマホが行方不明になり、そのたびにドキドキしたくないので、スマホの位置を特定する無料アプリを使っている。筆者が使っているのがAndroid用の「Lookout」(写真3写真4)。ウイルスチェックなどを実行するセキュリティソフトだが、スマホの位置を特定する機能も備えている。インストールして端末捜索機能を有効にしておけば、地図サイト上でスマホの位置を確認できる。何回か、このアプリに救われていた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら