「満を持したタイミングで、日本で発売することになった」。SAPジャパンの馬場渉バイスプレジデント クラウドファースト事業本部長は、2013年11月に開始するクラウド型ERP「SAP Business ByDesign」の提供を嬉しそうに話す。ユーザー企業から「いつ発売するのか」と、しつこく聞かれていたこともあったのだろう。

 SAP Business ByDesignは、欧米では既に2007年からサービスを開始している。馬場本部長は独SAPの当時のCEOから「歴史的に意味がある発表」と聞かされていた。それだけ画期的なサービスだったようで、4億行のオンプレミス版に対し、クラウド版は4000万行弱と10分の1の規模だが、会計や人事、販売など35の業務プロセスをカバーできた。両者の大きな違いは各国の商習慣や業界固有への対応だけで、既に世界16カ国の1000社超が導入している。

 なぜ、そんなに優れたサービスを日本で売らなかったのだろう。馬場本部長は、二つの理由を挙げる。一つは、基幹系システムをクラウドで実行したいという日本企業のニーズがなかったこと。もう一つは、クラウドの技術に課題があったからだという。

 SAPジャパンが指摘するように、これまで日本の大手企業はクラウド活用に慎重だった。しかし昨年から今年にかけ、グローバル化に舵を切った企業が業務の標準化やスピード、簡素化に取り組み始めたことで「グローバルERPの需要が高まってきた」(馬場本部長)。インメモリーデータベース「HANA」をベースに、クラウドの技術も進化したという。まさに今が満を持したタイミングというわけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら