「こういう言い方をしたらいけないのかもしれないが、結局は生まれつきですよ。できる人に機会を与えれば、自分でできるようになる。できない人にいくら懇切丁寧に教えても、できる人にはならないね」

 この身も蓋もない発言を聞いたのは、筆者が駈け出しの頃だったから、もう20年以上も前だ。情報システムの開発を成功させるにはどうすればよいか、色々な方を取材していたとき、「開発で一度も失敗したことがない人がいる」と紹介され、その人に会ったところ、こう言われてしまった。

 そもそも、失敗しないその人との話はあまり弾まなかった。「なぜ失敗しないのですか」と聞くと相手は「うーん。失敗したことがないからなあ」と首をひねった。「あなたのように失敗しない部下をどう育てますか」と問うと、冒頭の答えが返ってきた。

 当時のことを思い起こしてみると、筆者の取材能力に問題があり、相手から話をうまく聞き出せなかった。その人が不親切であったわけではない。

 情報システムの開発に関して、他の取材先で聞いた言葉を並べ立て、「どうですか」と聞いていただけだったから、相手は答えにくかったのだろう。当時のやり取りを再現してみよう。

◆   ◆   ◆

 「システム開発で失敗しないカギは要件定義ですか」

 「要件定義は大事ですよ。開発を始める前に物事を整理しておくと後々楽だから。ただね、それができれば苦労はないわけで。まあ、開発を始めたときの要件なんていい加減なものですよ。『要件定義は終わっています』と言われる場合は結構あるけれど、本当に終わっていたことなんて一度もなかったなあ」

 「やり直すのですか」

 「無理。要件定義が終わったから開発に入ります、とお客さんに言ってしまっている。実は要件定義が駄目でしたので、やり直しますなんて言えないでしょう」

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら